ラインソーシングline sourcing

独自の現場作りでお客様の成長をサポート

当社では、生産ラインに特化した業務を「ラインソーシング」と位置づけ、独自のサービス体制を展開しています。人員配置を主体とした製造派遣とは異なり、実作業から工程・ラインの管理に至るまでの業務を一括で受託。特に指導力を最大限に発揮することで、作業者自らが積極的にQCDに取り組める職場環境を築き、お客様目線の現場づくりをおこないます。単なる外部業者でなく、お客様の一部分を担うパートナー企業であることを常に意識し、お客様の成長を全力でサポートいたします。

  • 製造派遣
  • ラインソーニング

人材育成

一人ひとりの責任感ある行動が、職場の価値基準を高め、品質保証へとつながっていきます。したがって、職場のモラル(道徳感)・モラール(意欲)に目を向けた取り組みは重要です。モノづくりに直結する5S教育や安全衛生教育などの基本的な教育をはじめとして、役割に沿った階層別の教育や職場での維持改善活動などを通じて、お客様のご要望に応え続ける人材育成を目指しています。

パートナーシップ

有効なご提案をおこなうためには、業務の内容はもちろん、ビジョンや課題などをお伺いし、深くお客様を理解することが大切だと考えています。私たちの目標は、お客様の本当のパートナーとなること。何事にも誠実に対応し、その上で、お客様の様々な要請に対して高いクオリティと低コスト・短期間での対応をお約束します。

業務そのものをお任せください

工程そのものをお任せいただくのがラインソーシングです。スタッフへの指示・指導はもちろん、品質管理、納期管理、コスト管理など、その工程に関わるすべての業務をグロップがおこないます。つまり自社内にパートナー企業が存在するということ。30 年以上、プロセスアウトソーシングに携わってきた私たちだからこそ可能な事業です。

case.1

1つの工程を請け負う

工程3のみをグロップが請け負う

case.2

複数の連続した工程を請け負う

工程2~4をグロップが請け負う

case.3

1業務を丸ごと請け負う

工程1~5までをグロップが請け負う

ラインソーシングは当社独自の事業です

ラインソーニング

ベネッセコーポレーション様の業務をベースとして本格的にラインソーシング事業をスタートしたのが1997年。それ以来、幅広い業種のお客様をサポートし、数多くの実績を重ねてきました。多彩な経験をもつ私たちがお客様の業態に合わせた細かなニーズにしっかりとお応えいたします。

  • 食品製造業務
  • 電子部品の組立・検査業務
  • 精密機器完成品の検査工程
  • 半導体製造・検査業務
  • 携帯電話のリペア業務
  • パソコンの組立・検査業務
  • 液晶ディスプレイの組立業務
  • 工作機械の組立業務
  • 自動車部品の製造ライン
  • コンテナ製造業務
  • 太陽光パネルの製造業務
  • 住宅資材の組立・加工業務
  • セラミックス製品の製造業務
  • 鋳造・鋳造製品の検品業務
  • デジカメ製造業務
  • OA機器の製造業務
  • 製本・帳合業務
  • ジーンズの加工業務
  • 活性炭を使った製品の加工・検査・梱包業務
  • 教育資材の検品・梱包業務
  • レトルト食品の検品・検査
  • 梱包業務
  • ライスセンターでの精米加工業務
  • 物流センターの管理・運営業務
  • 物流加工業務・アッセンブリ
  • DMの封入・発送業務
  • 生活用品の宅配・物流業務
  • 工場内清掃業務
  • トナーのリサイクル業務

グロップの強み

01

ラインソーサーとしての歴史

私たちは人材サービス事業を手掛ける以前から人の大切さに目を向け、人を軸とした経営を推し進めてきました。その中で、思いを同じにする社員との出会いを重ねながら多彩な事業に挑み、着実に成長を続けてきたのです。今では「人が基軸」 という企業理念はグロップの社内風土の中に溶け込み、行動の判断軸として先輩社員から若手社員へと 受け継がれています。

02

MEのフォロー力

私たちは人材サービス事業を手掛ける以前から人の大切さに目を向け、人を軸とした経営を推し進めてきました。その中で、思いを同じにする社員との出会いを重ねながら多彩な事業に挑み、着実に成長を続けてきたのです。今では「人が基軸」 という企業理念はグロップの社内風土の中に溶け込み、行動の判断軸として先輩社員から若手社員へと 受け継がれています。

03

信頼・誠実こそがグロップイズム

私たちは人材サービス事業を手掛ける以前から人の大切さに目を向け、人を軸とした経営を推し進めてきました。その中で、思いを同じにする社員との出会いを重ねながら多彩な事業に挑み、着実に成長を続けてきたのです。今では「人が基軸」 という企業理念はグロップの社内風土の中に溶け込み、行動の判断軸として先輩社員から若手社員へと 受け継がれています。