TOP 新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組み

新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組み

グロップグループにおいては、感染拡大を防止するため、以下の取り組みを実施しますので、ご理解、ご協力のほど、宜しくお願い致します。

【 基本方針 】

➀感染拡大防止対策を徹底し、お客様へのサービス提供を継続し続ける。

②どのような状況下においてもコンプライアンスを遵守し、高品質、短納期を徹底する。

③従業員の生命・健康を守る。

新型コロナウイルス感染防止対策として、当社グループは、以下を最優先事項として全社を挙げて取り組むものとする。

●体調管理
発熱並びに倦怠感や息苦しさがある場合は、出勤を控える事。
息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合、もしくは発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ず) 、上長に報告をし、指定機関での受診、指示に従う事。
※発熱とは
一般的に、37.5度以上の場合は発熱とみなします。ただし、症状には個人差がありますので、平熱とあわせてご判断してください。
●手洗い、うがいの徹底、マスク着用の推奨
外出先から戻った際には、こまめな手洗いうがいの徹底。マスク着用など咳エチケットもお願いします。
●職場における感染防止対策について
感染者がマスクの着用や手の消毒など周囲を感染させない対策を取っていた場合は原則、濃厚接触者にはなりませんので、職場においては、以下の措置を講ずるなど濃厚接触にならないための十分な感染防止対策を行ってください。

・こまめな換気の徹底
作業場およびオフィスにおいては十分な換気を実施すること。(最低でも1時間に1回の換気を実施すること)
窓の無い作業場では定期的なシャッターの開放などを実施すること。
・パーテーションの設置
対面などによる飛沫感染を防ぐため、ビニールシートやアクリル板、ダンボールパーテーションなどの仕切りを設置。
・共用を避ける
複数人での備品の共用はできる限り避ける。
・手洗いについて
新型コロナウイルスに感染しないためには、せっけんと流水で20秒以上手を洗うことが有効とされています。
・オフィスの消毒について
アルコール含有量が体積比で70%以上の消毒液などで、プラスチックやステンレススチールの表面に付着したウイルスを殺すことができます。
物に付着したウイルスはしばらく生存します。ドアの取っ手やノブ、電気のスイッチ、作業台、エレベーターのボタン、車のハンドルなどの共有部分はこまめにふき取りを行ってください。
●時差出勤
公共交通機関を使い出勤をするものについては、出勤時に満員電車を避ける為、出勤時間を変えるなど、柔軟な対応をとること。車通勤への切替も認めます。
●WEB会議の推奨
会議を行う際は、緊急性、重要性を十分に検討し、密室・密集・密接、長時間を避け、換気を行いながら実施する事。
WEB会議システムを積極的に活用してください。
●テレワーク
テレワークの実施に際してはPC持ち出し申請、社内ネットワークへのアクセス設定などした上で実施を許可します。
●出張
緊急性・重要性を十分に検討し、各担当役員の承認を得た場合にのみ許可します。
移動中及び出張先でも感染防止対策を徹底すること。

※ 派遣・請負スタッフの方については、就業先企業様の指示に従って下さい。

< お願い >

●以下に該当する方は、弊社担当者まで必ずご連絡下さいますようお願いします。
・海外への渡航予定、または直近1カ月以内で渡航歴のある方
・ご家族等の同居者が保健所で検査を受けることになった方
・保健所などから「濃厚接触者」に指定された方
・就業先から、感染防止対策の実施や協力依頼が案内された方
●新型コロナウイルス感染症の防止について
風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。
外出先からの帰宅時など、こまめに石鹸やアルコール消毒などで手を洗いましょう。
咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものを介して病気をうつす可能性がありますので、マスクの着用など咳エチケットを行ってください。
不要不急の外出、人が多く集まるイベント会場などへの来訪を控えることも大切です。
また、持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど感染症防止対策に努めていただくようお願いいたします。

※ コロナ対策でご相談がある方は、弊社コロナ対策室(corona-taisakushitsu@grop.co.jp)までご相談ください。